体に必要なもの

1日2Lの水分補給

これから暑い時期がやってきます。
そうなると、どうしても汗をかくようになり、喉も乾きやすくなり、
どうしても飲み物を飲みたくなってしまうものです。

しかし、ここで喉が渇いたからと言って一気に水を飲んでしまったり、
飲み物がないからと涼しい場所に行って暑さを抑え水分を補充しないなんていう方いらっしゃいませんか?

このような水の飲み方にも、正しい水の飲み方や選び方があります。
間違った飲み方をして、体を壊さないように十分注意して覚えておいてください。

1日に水分補給はどれ位すればいいものなのでしょうか?
目安としては、1.5リットル~2リットルと言われています。
1日にこれだけの量を飲むのは少し多いと思われる方も大勢いらっしゃると思います。

なので、朝(昼まで)・昼(夕方まで)・夜(寝るまで)の3回に500mlずつに分けて飲むようにすると、
1日で1.5リットルの水分を補給することができます。

水ではなくスポーツドリンクなどをたくさん飲みすぎてしまいますと、体に良いように思われがちですが、
糖分を大量に摂取してしまうことになってしまうので十分に注意して下さい。
そして、あまり冷えすぎていない常温の水が体には良いそうですよ。

大体10~15℃くらいが目安です。
これは、あくまでも例なので自分の体調状態に合わせて、無理はしない程度に水分補給をしてみて下さい。
絶対にこの量を飲まなくてはいけないという決まりなどはありませんので、
気軽な気持ちで水を飲む程度で進めていって下さい。

水をしっかり飲むことで、代謝UPや疲れにくい体作りをしてくれたり、
便秘やむくみの解消もできると言われています。
これは、とくに女性にとっては嬉しい効果が期待できそうですよね。

最近では、店頭にも通販でもとてもたくさんの水が販売されています。
水にも種類や効果など違いがあります。
自分に合った条件の水を選んで、間違った水を飲んで体調を壊さないように十分注意して下さい。

Menu