体に必要なもの

紅茶の香りを際立たせる軟水

ひと休みしたい時などに飲むたいと思う事が多い紅茶。
そんな紅茶と相性のいい水と言えば「軟水」と言われています。
水の中にはカルシウムとマグネシウムが含まれていて、その数値が「硬度」と言われています。

そして、その数値が高いものを「硬水」低いものを「軟水」と呼んでいます。
日本の水のほとんどは、市販のミネラルウォーターや水道水も含めて軟水はほとんどです。
そのため、昔から日本人の体は料理や飲み物など、軟水に慣れてきていると言ってもいいと思います。

また、日本には軟水が多くあることから、くみたての水道水を使っても何も問題はありません。
そして、軟水を使う事で紅茶の味や香りを際立たせ、色を引き出すことができるんです。

水道水を使うとなると、どうしてもカルキ臭を無くそうと沸かして沸騰させすぎてしまっていませんか?
これはかえってカルシウム濃度がUPしてしまうため、硬水と同じような水になってしまします。
せっかく軟水を使っているのに効果が無くなってしまいますよ。
沸かし過ぎには要注意ですね。

では、電子ポットならいいのかといっても、あまりオススメはできません。
なぜかと言うと、やはり保温にしておいた水であってもお湯は古くなってしまっていることは確かです。
そして、温度も低いので適しているとは言えないそうです。
ベストな温度は100℃だそうです。

このお湯の温度も、紅茶を美味しく入れる大切な条件になっています。
市販のミネラルウォーターを使用する場合は、軟水の国産天然水が一番安心と言って良いでしょう。
また、純水や天然水がいいと思います。
このように、言い換えれば紅茶はとてもデリケートなんですね。

手間を掛けてあげないと、美味しい紅茶は飲むことができません。
大切に、そして気を使ってはじめて美味しい紅茶が出来上がることを覚えて置いてください。
そして、美味しい紅茶が出来上がった時に、肩の力を抜いてリラックスしながら紅茶を飲める時間が
できるといいですね。

Menu