体に必要なもの

コーヒーをまろやかにする軟水

最近の店頭には本当にたくさんの水が売られています。
どの水にしようか迷ってしまうくらい。
皆さんは水を選ぶ時に何か決めている事はありますか?

水といってもどれも一緒だから、安ければどれでもいい。
そう思っている方も多いのではないでしょうか?
私もその一人だったから…。

でも、水についての種類や味の話を聞いて選び方が変わりました。
水に対しての考え方、また使い方が変わった気がします。
その話について少し説明したいと思います。

ミネラルウォーターには、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの数値を硬度として表しています。
そしてその数値が高いものを「硬水」低いものを「軟水」と呼んでいます。
日本の水は、水道水を含め、市販のミネラルウォーターも軟水がほとんどです。

日本人は昔から軟水に慣れているため、料理や飲み物などにも相性が良いため、
多く使われてきていることが分かります。

では、ここで飲み物の疑問ですが、コーヒーを飲むときに軟水と硬水で味の違いはあるのでしょうか?
軟水でコーヒーを入れてみると、とてもまろやかな口当たりで、酸味が利いたコーヒーになります。
そして、硬水で入れると、苦味が強くなるコーヒーになります。
なので、違いはハッキリとわかるということですね。

人それぞれ好みも違うので、自分の好きな味、その日の気分に合わせて
水を選んでコーヒーを入れて味を楽しんでみて下さい。
店頭にたくさん売られている水の種類を確認するのも大変だと思います。

前もって知っておきたいという方は、ネットでメーカー別に軟水・硬水など一覧になって掲載されているので
チェックされてみてから購入されてみてはいかがでしょうか?

いつもとは一味違ったコーヒーを楽しみたいという方は、
水を変えるだけでこんなにも味に違いが出てくるので、是非チャレンジしてみて下さい。
その時のデザートやスイーツなどに合わせたコーヒーの味を作ることもできそうですね。
素敵なティータイムになりそうです!

Menu