体に必要なもの

料理に適したミネラルウォーターとは

人間のほぼ半分以上は水分からできていると言われています。
そのため、毎日十分に水分を補充し脱水症状を起こさないようにすることが最も重要なこととなっています。
これから暑い日々が続く様になってくると、今以上に水分を摂ることが重要となってきて、
熱中症などにならないためにも常に水分を確保できる体制を整えておいて下さい。

そこで、最近では水も浄水器を使って飲むという事が当たり前の時代となってきて、
またペットボトルなどでも水を買って飲むことが多くなってきています。

少しコストが掛かってしまいそうですが、手作り料理にもミネラルウォーターを使ってみると、
より美味しさがアップした1品を作ることができるんです。
料理を作る時に使う水の種類によっても味が変わってくるので、しっかりチェックしておいてみて下さい。

実際に、ミネラルウォーター1つでここまで味に違いが出るのかと思い、作ってみて本当に驚きました。
まずは、お米を炊く時に使う水ですが、約6~7割程度が水分でお米が炊けていることが分かります。
そのためには、美味しいご飯を炊くためにもお水選びには力を入れたいものです。

次に、野菜スープや煮物などの料理で水を使って煮るといった料理の場合は、
ミネラルウォーターを十分に使って、ゆっくり柔らかくなるように煮込んでいきましょう。

そして、肉料理となると、ミネラルウォーターに含まれている成分の1つにあるカルシウムが
タンパク質と結合するため、時間を掛けてじっくり煮込むと美味しさも増してくると思いますよ。

このように、ミネラルウォーターの使い方1つで料理の味にも違いがわかります。
また、出来上がり方にも変化が見られ、いつもとは一味違った楽しみ方もできそうですよね。

是非、料理にミネラルウォーターを使ってみて、必要とするミネラルを含むミネラルウォーターを見つけて、
お料理に使ってみてはいかがでしょうか。
そして、料理に使ってみることで味の違いを実感してみて下さい。

Menu