体に必要なもの

硬水は下痢になることがあるので要注意

最近の店頭には、本当にたくさんの水は並んでいて買って飲むということも普通になってきています。
また、種類も豊富にあるので、どれがいいのか?美味しいのか?
見た目だけでは分からないものがありますよね。

そこで、ミネラルウォーターに味の違いというものはあるのでしょうか?
実は水と言っても種類によって味も成分も違いがあるんです。

よく聞くのは、硬度数値という水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの割合のことを言っています。
その数値が高い水を「硬水」低い水を「軟水」と言い、ミネラルウォーターによってはこの数値によって、
体への変化や水の味など色々と重要となってくることが揃っているので、とても注意するべき数値になっています。

今回ご紹介したいのは、硬度数が高い「硬水」についてですが、
先ほども説明したように硬水にはカルシウムとマグネシウムが水に多く含まれているということになります。

日本の水のほとんどはミネラルは少なく、軟水が多いと言われています。
そして、生活の中でもミルク作りやお茶、料理などの相性にもとても合うそうです。
軟水の特徴は、飲むやすく美味しいと言える事ですね。

そして、硬水は海外の水がほとんどとだそうです。
ミネラルが多く含まれているので、お肉料理をするのには最適みたいですよ。
しかし、ここで注意していただきたいことが、硬水を飲んだことでお腹の調子が悪くなってしまい
下痢になってしまったという方が多くいるそうです。

上手く利用すれば、腸の水分量をUPさせて働きを活性化し、便を柔らかくする作用があるため
便秘解消に役立てることも可能です。

なので、あまり硬水を飲み過ぎてしまうと、水分量が増え続けてしまい、
下痢の症状が出てきてしまうこともあるので注意して下さい。

また、体質によっては硬水そのものが体に合わず、受付けないという方もいらっしゃるそうなので、
一度飲んで体調がおかしいくなったとか、何か症状が出たなどと言う場合は
飲み続けるということはすぐに止めて、違うミネラルウォーター(軟水)に替えることをおすすめします。

Menu