体に必要なもの

飲みすぎると腹痛になる「にがり水」について

にがり水ダイエットをご存知ですか?
にがり水ダイエットとは、飲むだけで効果が出るという簡単ダイエットだそうです。
とくに良く効くのが便秘解消!です。
今とても注目されているダイエット法の1つです。

豆腐を作る時に使うにがり水を溶かして飲むといったダイエットとなります。
にがり水と水の違いは、にがりにはマグネシウムはが含まれているところです。
マグネシウムはインシュリンの分泌を抑えることができるので、
糖分が脂肪に変わるのを防ぐことができ、脂肪を吸収する速度を遅くすることもできます。

では、具体的にどんな効果が現れるのか説明していきたいと思います。

にがりには腸を刺激する働きがあるため、便良くでるようになります。
また代謝機能効果もあるので、体内の老廃物を体外へ出すという働きがあります。
老廃物を外へ出すことによって、美肌効果も期待できると思います。

ここで、にがり水ダイエットをすることで、注意しておいて欲しい事を説明しておきます。
それは、先ほど紹介したにがりの中に含まれているマグネシウムに関係する問題となっています。
このマグネシウムが腸の中に浸透圧を高めることで、
水分の量を増やしながら便を出して行くといった働きをしています。

しかし、便が出やすくなったからと言ってにがり水を飲み過ぎてしまうと、
便秘は解消されたかのように思われますが、腹痛、下痢となってしまう可能性があります。
下痢になってしまうと、脱水症状にもなってしまうので、更に体に対しては最悪な結果になってしまいます。
早く痩せたい、痩せてきたからといって、一気にたくさん飲むことは止めましょう。

少しずつ、時間を掛けてでも効果が現れてきたことを確認しながら、
ゆっくりと飲んで行くように心掛けて下さい。

1日の摂取量目安としては、多くても1リットルまで。
それを数回にわけて、少しずる飲むことをおすすめします。
その方が体へ浸透もしやすく、効果も出やすくなると思います。

Menu