体に必要なもの

海外における水の硬度

ミネラルウォーターには、2つの種類に分かれていることをご存知でしたか?
水なんだからどれも一緒でしょ?と思われている方多いと思いますが、実は、種類も成分も様々なんです。
私も、最初この話を聞いた時まさか?と疑いました。
しかし、本当に目には見えませんが違いはハッキリあることがわかりました。

ミネラルウォーターの種類には「硬水」と「軟水」があります。
これは水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの割有の数値を硬度と言い、
値によってこの2種類に分けられるそうです。

日本の水のほとんどは、軟水に区分されるそうです。
なので、あまり硬水を飲むことに体が慣れていません。
そのため、海外では硬度が高い硬水が多いので、海外旅行などで硬水を飲んでしまうと、
お腹の調子が悪くなってしまい下痢になってしまう可能性があります。

なるべくリゾート地であっても、水道水は直接飲むことは止めておいた方がいいと思います。
水は、ミネラルウォーターは買って飲むことをオススメします。

しかし、ミネラルウォーターにも種類があり、硬度の高いミネラルウォーターもあるので、
子供に与える場合などは更に注意して選んで下さい。
子供のお腹は敏感なので、気を付けて下さい。

ここで、海外旅行豆知識ですが、海外で使われている氷も水道水で作られていることが多いので、
もしかしたら飲み物は大丈夫でも、氷で体を壊してしうという可能性もあるかもしれません…。

どんな落としがあるかわからないので、楽しい海外旅行にするためにも、
基礎知識や海外メーカーのミネラルウォーター硬度を少し頭の中に入れて置いてみて下さい。

ハワイ・グアム・サイパン・シンガポールなどはミネラルウォーターはの購入をおすすめします。
基本的には飲め場所もあるそうですが、不安に思っている方買って飲んだ方がいいですね。

また、オーストラリアやアメリカなどには大きな問題はないそうです。
ですが、100%大丈夫とは言切れませんので、十分に注意して下さい。

Menu