体に必要なもの

硬度の高いミネラルウォーター

最近では、水ことは買って飲むものということが普通になりつつあると思います。
店頭にもたくさんの種類の天然水やミネラルウォーターが並び、
まとめ買いをすることもできるようになりました。

そこで、これだけ水に注目されている理由の1つには、安全性が強く求められていると思われます。

水道水が直接飲めないというわけではありません。
特に日本の水道水には、世界でもトップクラスに入るほど
安全に直接飲めることで有名な国でもあるくらいなんです。

しかし、世の中も時代が変わるにつれて、環境汚染などの影響から
様々な有害物質が検出される様になってしまいました。

カビ臭やカルキ臭、残留塩素や赤サビなど他にも色々な残留物が見つかり、
水道水を直接飲むことは少し避けたい状態ですよね。

そこで、浄水器を使ったり水を買って飲んだりと、それぞれ対策をされている方もいらっしゃると思います。
よく、水のことについて調べてみると出てくる言葉の1つに「硬度」というものがあります。

これは、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値で表したものを硬度と言います。
この数値によって、高ければ硬水、低ければ軟水なります。
硬度はミネラルウォーター自体に大きな影響を与えることになるものなので、とても重要と言えます。

では、硬度の数値が低い軟水ですが、日本の水にはミネラルが少ないので軟水が多いそうです。
また、軟水はミルクやお茶などに適していて、どんなお料理とも相性がいいそうです。

硬度の数値の高い硬水となると、ミネラル成分が多いので、苦味やクセを感じることもあるそうです。
硬水のほとんどが、外国での水に多く使われています。
しかし、冷蔵庫などで冷やしてから飲むと、飲みやすくなるそうなので試してみて下さい。

ここでミネラルウォーター豆知識ですが、
眼精疲労や肩こりなどには硬度の高いミネラルウォーターを飲むことで、
血液の循環が良くなるそうなので体も、心もリフレッシュできるかもしれませんね!

Menu