体に必要なもの

日本料理を作るときには軟水で!

皆さんは水に味の違いがあることをご存知でしたか?
最近では、店頭にたくさんの水が販売されていますが、水だからどれも一緒だろうと思っている方も
大勢いらっしゃると思いますが、実は水には種類も味にも違いがあるんです。

では、その違いはどこにあるのかというと、水にはカルシウムとマグネシウムの成分が含まれています。
これを数値で現したものを硬度と言っています。
そして、このカルシウムとマグネシウムの量が多いものが「硬水」少ないものが「軟水」と呼ばれています。

日本の水のほとんどは軟水となっています。
日本人には、軟水が合っていると言えますよね。

では、日本料理、和食全般を作る時にはどんな水がいいのでしょうか?
ご紹介している様に、軟水との相性がいいと思います。

和食にはかかせない「だし」ですが、これには軟水がとても良く合うそうです。
煮物やスープなどの野菜などに味をしみ込ませたいといった料理には、軟水がベストです。

逆に、硬水を使ってしまうと、あくが出てしまうことが多いそうなので、
なるべく控えた方がいいかもしれません。

ですが、硬水を使った方が良いおすすめ料理としては、
煮崩れさせず肉を煮込む料理が適しているそうですよ。

また、硬水と軟水の違いがハッキリ目で見て分かるのは、ご飯の炊き上がり方だと思います。
日本人にとっては、ご飯は昔から伝わる伝統的な食べ物のの1つでもあります。

軟水でお米を研いで、炊くことでふっくらとした柔らかなご飯ができあがりますよ。
硬水で炊くと、カルシウムが食物繊維を硬化するので、
パエリアやピラフなどのパサパサの出来上がりになる料理に向いている様ですね。

料理の種類をみても、外国の物ばかりですよね。
料理に使う水によって、これだけの違いがあることがあり、使い分けをした方が良いという事もわかりました。
水を変えるだけで、いつもと少し違った味にすることもできるかもしれません。
美味しいの一言が期待できそうですね。

Menu