体に必要なもの

水を飲むだけでは「足のつり」に効果がない

足がつることってたまにありませんか?
運動している時や、少し高い所のものを取ろうとして頑張っちゃった時など。
動けない程痛くて、痛くて、イライラそんな経験あると思います。
しかし、この足のつる原因はとても簡単に予防することができるんです。

一番多くみられるのが、脱水状態になってしまっている事です。
家の中にいる事が多く、外の光に当たることがあまりなく、運動不足であったり、
水もあまり飲んでいなかったりするようなことが重なると、足がつってしまう原因になってしまうそうです。
なるべく日光にあたり、そとの空気を吸って、リラックスした気持ちで外に出てみましょう。

その他には、自分靴が合っていなかったり、緊張力、血行が悪い、カルシウム不足、
マグネシウム、薬による化学物質過敏症などの原因も考えられます。

では、足がつった時にはまず何をすればいいのかと言うと、
1番にはストレッチということで、つま先を上に引っ張り広げることで、足の裏の筋肉を伸ばします。
また、歩ける状態ならば無理をしない程度にゆっくり歩くこともいいと思います。

次に、ぬるま湯に浸けておくことで、血液の循環を良くするということもあります。
そうすると、つった足の筋肉をリラックスさせることもできそうです。

水をたくさん飲むということもあります。
足がつったから水を飲む程度では回復はしません。
頻繁に足がつるという方は、水を普段から十分に飲むように心掛けておいてください。

また、水を飲むだけでは、足のつりには効果は現れません。
先ほどもご紹介したように、日頃から原因となってしまうことに対して
気にしながら行動してみるとか、色々と予防対策をしてみて下さい。

また、最近では足がつるということで悩みを抱えている方も多く、
サプリを使っている方も増えてきているそうです。
このような、様々な方法で足のつりを少しでも和らげることができるようなので、
是非、足がつって困った時は試してみて下さい。

Menu