体に必要なもの

硬水は日本人に合わない!?

最近の店頭には、水のコーナーがあるくらい本当にたくさんのメーカーから水が販売されています。
その水を買う時、あなたは何を基準に選んでいますか?水なんだからどれも一緒でしょ。
安ければいいなど、何も気にせずに手に取っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

水と一口で言っても、たくさんの種類や味、メーカーなど違いがあるんです。
その中でも、水の中に含まれるミネラル成分のカルシウムとマグネシウムの割合を数値で表した硬度が
ミネラルウォーターにはとても重要となってきます。

そして、その値が高いものを「硬水」低いものを「軟水」と呼んでいます。
日本の水はほとんど軟水でできています。
そして、日本人の体も昔から軟水で作られてきたと言ってもいいでしょう。
料理を作る時にもお米を炊く時にも軟水だったのでしょう。

また、赤ちゃんへのミルク作りなどにも軟水が適しているそうです。
母乳を上げている授乳中にママさんにも、体調をしっかり整えておくために水分の補給はして下さいね。

硬水は外国のものが多いです。
そこで、軟水に慣れてきた日本人が硬水を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

いいですよとストレートにおすすめすることはできません。
やはり、日本人が硬水を摂取することで、お腹を壊してしまい下痢になってしまう方もいるそうです。
なので、少しでも異常を感じたら、直ぐに飲むことを止めて下さい。

海外旅行などにいった時は要注意です。
海外の水は、安全とは言い切れないところもあるので、買って飲むことをおすすめします。
大人だけではなく、お子さんのお腹はとても敏感なので注意してあげて下さい。

楽しい海外旅行にするためにも、しかっりと自己管理をしておくことが必要だと思います。
海外でも、飲み物は絶対と言っていいほど必要となるものなので、
前もって少しでも硬度のことについて頭の中に入れておいてみて下さい。

そして、リゾートホテルだから安心とはいいきれないので、ホテルでの水道水でも直接飲むことは控えて下さい。

Menu