体に必要なもの

カリウムを含んだ水で老化防止

人間の体の水分量は60~70%、そして赤ちゃんはもっと多く80%とも言われています。
それほど人間は生活していく中で水分は絶対に必要になってくるものなんですね。

しかし、年を重ねていくことにより老化も進み、体の水分量も50%程に少なくなると言われています。
肌の乾燥やシワが増えたり目立ってきたりするのも、その影響が強いと思います。
体の水量が少なくなることで、代謝機能の低下も考えられます。
水分量が減ってしまうことによって新陳代謝が衰えていくと言えます。

では、衰えて行くばかり、老化を防止するためにも水分量を増やすためにはどうすればいいのでしょうか?

それはカリウムを含んだ水を摂取することがとても効果的なんです。
ミネラルウォーターには「カリウム・マグネシウム・カルシウム・ナトリウム」が含まれています。
これがミネラルになります。

水の種類によっては、それぞれは配分量などに違いがあるので注意して下さい。
年をとると共に水分が減ってしまうとカリウムが少なくなり、細胞の生命力が無くなってきてしまいます。
カリウムを含んだ水を飲むことで、体内にカリウムをしっかり入れて老化防止をすることができます。
そのために、ミネラルウォーターは欠かせないものですね。

何に対しても、老化を遅らせるための老化防止をするには、水という存在はとても重要なものなんですね。
水というものは、1日に飲んでいるようで、意外と飲んでいないものなんですよね。
どうしても、最近では、お茶やコーヒー、スポーツ飲料など水以外の飲み物に、
頼ってしまっている方も多いのではないでしょうか?

水を飲むという習慣をつけるというのも1つの対策になると思います。
例えば、朝起きたらまず1杯の水を飲むとか、お風呂から上がったか必ず水を飲むなど大量に飲む必要はないので、
毎日続けて飲むという習慣をつけることで、体にしっかり浸透していきます。
老化防止として挑戦してみてはいかがでしょうか。

Menu